1月 2016

5私は自分でムダ毛の処理をしています。

しかし、自分でできる範囲は限られています。

それは、腕や足などの見える部分だけになってしまうのです。

背中や首の後ろなどの見えない部分は処理できません。

しかしそれでも普段は長い髪の毛をおろしているので、そこまで気にはなりませんでした。

しかし、年を重ねるにつれ、背中や首の後ろのムダ毛の処理が必要になってきました。

それは、成人式や卒業式、友人の結婚式など、髪をあげる場が多くなってきたためです。

成人式の着物を決める際にも、お店の人から、ムダ毛の処理をするよう指摘されました。

自分で思っている以上に目立っているようでしたし、やはり身だしなみの一つとして必要なことだと感じました。

そこで、家族に頼んで定期的に処理をしてもらっています。

そのおかげで、特別な場以外でも、首周りの広い服を着ることができたり、髪の毛をあげることができたりするようになりました。

しかし、家族に迷惑をかけていると思うと、とても心が痛みます。

何よりも、今は一緒に暮らしているから良いですが、そのうち今の家を出て、自立する時がくるはずです。

そうなった時に、処理してもらうために帰ってくるわけにもいきません。

この悩みを解決するには、脱毛しかないでしょう。

脱毛をすれば、家族に迷惑をかけることはなくなりますし、一人暮らしでも大丈夫です。

できる限り早く、脱毛をしたいと思います。
盛岡にもたくさん脱毛サロンがありますが、ぜひこのサイトであなたにあった脱毛サロンを見つけてください!
盛岡で脱毛サロンを探す

Read more

私は中学生の頃から自分でムダ毛の処理をしています。

学生時代頃までは、二日か三日の処理で間に合っていました。

それは、見た目的に綺麗に見えていたからです。

しかし社会人になってからは毎日処理をしなければならなくなりました。

私が子どもとかかわる仕事に就いてしまったからです。

子どもとかかわる仕事をしていると、子どもがべたべたとさわってくるのです。

見た目ではわからなくても、さわってしまうとチクチクしているのです。

子ども達は、「チクチクする!」と大きな声で言ってきます。

相手が子どもだとしても、そう言われることはとても恥ずかしいことです。

しかも、その言葉を近くにいる大人に聞かれてしまったことがあり、それは本当に恥ずかしかったです。

それからは、毎日処理するようになりました。

腕や足などの、露出する可能性のある部分だけではありますが、それだけでも毎日の処理は大変です。

ムダ毛の処理は、肌をいためたり傷つけたりする可能性のあることです。

その行為を毎日続けているということに時々恐ろしくもなります。

また、ただ単に、毎日の処理は面倒に感じますし、時間もとられてしまいます。

しかし子どもに反応されることの方が嫌なので仕方なく続けています。

この自分で処理をするデメリットをなくすために、脱毛をしたいと考え始めました。

脱毛をしてしまえば、子どもに何か言われる心配も、肌をいためる心配もありません。

脱毛をしてスベスベの肌を子どもに自慢したいです。

Read more